大人気のフレーバーストーンシリーズの製品である、「フレーバーストーンヘルシーグリル」
料理初心者の人でも、失敗せずに美味しそうな焦げ目をつけた料理を簡単に作る事が出来ます。

フレーバーストーンヘルシーグリルは、次の5つの特徴があります。

  • 綺麗な焼き目が付く
  • 油が必要ない
  • 焦げ付かない
  • 後片付けが簡単
  • 見た目がおしゃれ

そこで、今回はフレーバーストーンヘルシーグリの特徴をいかして、老若男女に人気の「鶏肉もも肉の照り焼き丼」を作りましたので、料理動画と共に紹介します。
もちろん、丼ではなく、そのまま食卓に出して、おかずとしても活躍しますよ。
では、早速、料理動画から見ていきましょう。

鶏もも肉の照り焼き丼の料理動画はいかがでしたか?
料理をしながら作りやすい様に、材料と写真付きレシピもありますので、ご覧下さい。

鶏もも肉の照り焼き丼の材料

  • 鶏もも肉   300g
  • ☆濃口醤油 大2
  • ☆料理酒  大2
  • ☆味醂   大2
  • ☆砂糖   大2
  • 白ご飯  200g
  • 刻みのり 適量
  • 刻みネギ 適量

鶏もも肉の照り焼き丼レシピ/作り方

1.鶏もも肉の皮目にフォークで穴を空けます。

 

2.鶏もも肉の皮目から焼いていき、ヘラなどで上から抑え、鶏もも肉の皮目をカリカリに焼きます。(コツ1)

3.鶏もも肉の皮目が焼けたら、裏返し、再びヘラなどで上から抑えて焼きます。

4.キッチンペーパーで鶏もも肉から出た余分な油をふき取り(コツ2)、☆の調味料(濃口醤油・料理酒・味醂・砂糖)を入れ、蓋をして煮ていきます。(コツ3)

5.8割位煮詰めたら、スプーンで調味料をすくいながら、鶏もも肉の皮目にかけます。(コツ4)

6.鶏もも肉を裏返し、とろみが付いていたら火を止めます。

 

7.丼に白ご飯、刻みのりを乗せ、6で焼いた鶏もも肉の照り焼きを食べやすい大きさに切り、タレと共に乗せます。(コツ5)

8.刻みネギを鶏もも肉の照り焼き丼の上に乗せたら、完成です。

コツとポイント
コツ1.鶏もも肉の皮は、そのまま焼くと縮まってしまい、見た目も良くありません。
しかし、鶏もも肉の皮目にフォークで空けておく事で、皮が縮まるのを防ぐ事が出来ます。
つまり、鶏もも肉の照り焼きにした時に、見た目が良く、美味しそうに見せる事が出来ます。
コツ2.フレーバーストーンヘルシーグリルを使う時はサラダ油が必要ありません。
しかし、鶏もも肉からも油が出てきます。
鶏もも肉から出る脂は、キッチンペーパーで取る事でよりヘルシーな照り焼きに仕上げる事が出来ます。
コツ3.調味料を入れた後、本来であればフタをしなくても良いです。
しかし、フレーバーストーンヘルシーグリルは、フタをする事で中が密閉状態になり、しっとりジューシーに料理を仕上げる事が出来ます。
ですので、鶏もも肉の照り焼きを作る時は、フタをする事をおすすめします。
コツ4.鶏もも肉の照り焼きを作る時は、全体にタレを絡ませる必要があります。
そこで、仕上げの段階に、スプーンでタレを皮にかける事で、上下からタレを絡ませる事が出来ます。
要するに、ちょっとしたコツで、鶏もも肉の照り焼きを美味しくする事が出来ます。コツ5.鶏もも肉の照り焼きを切った時に、中の肉汁が出てきます。
そして、切った時もまな板にタレが残ります。
また、お好みでマヨネーズなどをかけても、鶏もも肉の照り焼き丼は美味しく食べれますよ。

まとめ

フレーバーストーンヘルシーグリルは、普通のフライパンでは付ける事が出来ない、美味しそうな焦げ目をつける事が出来ます。
普通のフライパンで、鶏もも肉の照り焼き丼を作ると、タレが焦げ付いてしまい、フライパンに張り付いてしまいます。
しかし、フレーバーストーンヘルシーグリルを使用すると、底に焦げ付く心配がありません。
つまり、料理初心者の人でも、失敗せずに美味しい料理を作る事が出来ます。

また、フレーバーストーンヘルシーグリルは、特殊加工のおかげで、油が必要ありません。
油が必要ない為、料理をヘルシーに仕上げる事が出来、ダイエットにも最適です。
これは、女性には嬉しい調理器具ですね。

そして、今回は、フレーバーストーンヘルシーグリルを使用して、鶏もも肉の照り焼き丼を作りましたが、魚を焼いたり、ステーキを焼いたりなど、様々な料理を作る事が出来ます。

手に入れたら、ぜひ簡単に出来る鶏もも肉の照り焼き丼をチャレンジしてみて下さいね

あわせて読まれている記事
フレーバーストーンヘルシーグリルは素材の味を引き出す!
おすすめの記事